借金の時効

借金をしたら期日までにしっかりと返すのが当然の義務なのですが、日本の法律は被害者に厳しく、加害者に甘くなっているので、借金をしてから5年経過してしまうと時効となるのが問題です。

その為、借金をして返済期限が切れると、その場から消えてしまうような人もいるのですが、このように借金を踏み倒すような事をしているからブラックリストに登録されてしまうのです。

普通借金の踏み倒しは金品の強奪に等しいので、犯罪としてしっかりと捜査するべきなのですが、警察がしっかりと仕事をしない事や、明確な法律を政府が制定しないせいで、現在でも借金を踏み倒されて泣き寝入りする業者が多くなっています。

このように借金を踏み倒すような連中がいるから優良金融業者は審査がどんどん厳しくなってしまい、本当にお金を必要としている人が借りられなくなってしまうので、絶対に借金の踏み倒しをしてはいけません。

また、5年間も借金取りから逃げまわるような生活をしているのであれば、その分仕事をきちんとして返済するべきでしょう。


相手は取り立てのプロ

悪徳業者であっても、法律をきちんと守って営業している優良業者であっても、相手は取り立てのプロであるという事を忘れてはいけません。

よって借金を踏み倒そうとしても、大半は踏み倒す事ができずにブラックリストに登録されてしまうか、裁判所に訴えられて自己破産という事態に陥るのが関の山でしょう。

いかに日本の法律が加害者に甘く被害者に厳しいとは言っても、借金をしているという事を借りた人が認めてしまえば当然時効5年というのは無効になるので、基本的に5年間借金を踏み倒して逃げ続けるというのは、外人が日本でお金を借りない限りは不可能です。

しかも時効が成立した後で、実は5年前に借金をしていたと認めてしまえば、当然時効を過ぎていても無効となってしまうので、基本的に日本人が日本国内でお金を借りた場合、借金の踏み倒しはかなり難しい為、必ず返済しましょう。

外人の場合には海外へ逃亡すればどうにもできなくなってしまうので、ある程度高い金額のお金を外人へ融資する事を控える業者が多いのですが、闇金ですら外人には貸し渋るぐらいです。

お金を借りるならhttp://boringman.net/

トップページ
海外へ逃亡しても借金は踏み倒せない
借金を踏み倒して捕まった時の刑罰
借金の踏み倒しをするぐらいなら債務整理をしよう
平気で借金の踏み倒しをするような人の心理
借金の踏み倒そうとすれば信用がガタ落ちする
借金の踏み倒しをするよりも弁護士に相談するべき
借金は踏み倒さずに早期に解決するべき
借金の踏み倒しを行う際には夜逃げをする事が多い
Copyright(C) 借金の踏み倒しはかなり難しいのが現状 All Rights Reserved.